FC2ブログ
撮っ都下なくっちゃ!
23区を除いた東京都=都下(とか)で今日も今日とて写真をパチリ。
三沢配水塔を遠景から
2005年05月17日 (火) 00:00 | 編集
三沢配水塔を遠景から01
以前、紹介した三沢配水所の配水塔です。
住宅よりも高い位置にあるのが分かると思います。
なぜ、このような場所にあるのかというと、
ポンプ故障があっても重力によって、
本管に水を供給できるからだそうです。

05年5月10日
東京都日野市三沢 にて

>>>その他の都下の給水塔・配水塔

にほんブログ村 写真ブログへ

使用カメラ:PENTAX Optio S50
スポンサーサイト
中沢谷戸公園
2005年05月11日 (水) 00:00 | 編集
中沢谷戸公園01
案内板に出てくる「万葉集」とは、奈良時代の日本最古の歌集で、
成立は759年以前と見られる。
また、「多摩の横山」が出てくる歌とは、

赤駒を山野に放し捕りかにて 多摩の横山かしゆかやらむ
(あかごまをやまのにはかしとりかにて たまのよこやまかしゆかやらむ)

なぜ「横山」なのかというと、
府中の武蔵国府へ在任した京下りの役人たちによって
府中側から見た多摩川対岸の多摩丘陵を眺めると、
横に長く連なる山々で、「多摩の横山」と呼ばれていたと言う。
これが古歌にうたわれて京人にも伝えられ、多摩の歌枕にもなった。

中沢谷戸公園02
中沢谷戸公園
 この地域の町名でもある三沢という地名
は、西に湯沢・中央に中沢・東に小沢と、多
摩丘陵から流れ出る三本の沢に由来してい
るといわれている。そしてこの公園は、こ
れら三本の沢のうち中沢の東に位置し、か
つては公園の脇のところを、今の三沢台住
宅の付近から北側の川崎街道に向けて流れ
出る別の沢があり、(今でも、ここから西に
至る辺りに、その流れの一部が残っている)
この沢の下流域一帯を通称「谷戸」と呼ん
でいた。
 万葉の昔に多摩の横山と詠まれた多摩丘
陵の一角のこの辺りは、かつて「谷戸」の
地名が使われていた時代、狐の嫁入り(燐火
などの狐火が、里山の中腹などにいくつも
並んでぼんやりと光って見える現象)を見
ることもあったという深い森が続いていた。
しかし、今では西部住宅団地や住宅都市整
備公団・百草団地など、多くの人々が住む
明るい町並みが広がり、部分的に残されて
いる樹林地に、その片鱗が見られるに過ぎ
ない。
 日野市緑と清流課

以上、案内板より。

05年5月4日
東京都日野市三沢 にて

>>>その他の日野市の公園

bloglanking

使用カメラ:PENTAX Optio S50

【ホットペッパー ビューティー】人気のヘアサロン検索
>>>> 『八王子』 から探す
>>>> 『日野』 から探す
>>>> 『町田・玉川学園前・鶴川・成瀬』 から探す
>>>> 『橋本・相模原・淵野辺・古淵』 から探す

Powered by . / Template by sukechan.
ピンキーリングに願いを込めて 蹄鉄・馬蹄(ホースシュー)モチーフのネックレスで幸運を