FC2ブログ
撮っ都下なくっちゃ!
23区を除いた東京都=都下(とか)で今日も今日とて写真をパチリ。
鞍掛の松公園
2006年01月17日 (火) 00:00 | 編集
鞍掛の松公園01
高台にある住宅街の中に、整備された公園を見
つけました。入口に「鎌倉古道」と書かれた道
標がありました。
そして、公園内の中にある石碑を見てみると…。

鞍掛の松公園02
鞍掛の松公園

「鞍掛の松」の由来
 むかし、このあたりに鞍掛の松と呼ばれる松
の大木があったと伝えられている。
 元弘三年(一三三三)五月、上野国(群馬県)
で挙兵、鎌倉攻めに向かった新田義貞は分倍河
原(府中市)において北条泰家と合戦、これに大
勝し、その夜(五月一六日と思われる)当地で軍
勢を休め、翌一七日、一気に藤沢へ攻め入った
とされている。その歳義貞が馬の鞍を掛けた松
が後世に残り、鞍掛の松と呼ばれるようになり
やがてこの付近の地名も鞍掛といわれるように
なったと言う。
 この周辺の地は、町田川(恩田川)沿いに開か
れた広い窪地がつづき、この丘に登ると十六夜
の月が一晩中あたりを照らし、鎌倉を目前にし
た義貞の大軍はわずかな物見の兵でも安心して
休むことができ、大いに鋭気を養えたものと思
われる。
 平成十六年(二〇〇四)三月 町田市

以上、石碑より。

鞍掛の松公園03
新たに松が植えられていました。

鞍掛の松公園04
公園から望める町田駅方向の景色。
見晴らしが良いので、わずかな物見で事足りた
というのは納得。

鞍掛の松公園05
右至 鎌倉 (小川方面)

鞍掛の松公園06


鞍掛の松公園07
左至 府中・分倍河原 (南大谷方面)

鞍掛の松公園08
細い道が続きます。

新田義貞の鎌倉攻めに通った道については、こ
こより北にある隣の多摩市南野の案内板にも記
述がありました。新田義貞の行軍は、語り継が
れるほど当時地元の人々には大きな衝撃だった
のでしょうね。

06年1月17日
東京都町田市成瀬 にて



>>>その他の都下の史跡

にほんブログ村 歴史ブログへ

使用カメラ:PENTAX Optio S50
スポンサーサイト

【ホットペッパー ビューティー】人気のヘアサロン検索
>>>> 『八王子』 から探す
>>>> 『日野』 から探す
>>>> 『町田・玉川学園前・鶴川・成瀬』 から探す
>>>> 『橋本・相模原・淵野辺・古淵』 から探す

Powered by . / Template by sukechan.
ピンキーリングに願いを込めて 蹄鉄・馬蹄(ホースシュー)モチーフのネックレスで幸運を