FC2ブログ
撮っ都下なくっちゃ!
23区を除いた東京都=都下(とか)で今日も今日とて写真をパチリ。
小野路の一里塚
2006年08月16日 (水) 12:28 | 編集
小野路の一里塚01

向坂の野津田公園西入口から入ったところに小野路の
一里塚がありました。

小野路の一里塚02

小野路の一里塚

 古来、鎌倉みちは幕府のあった鎌倉から武蔵の国府である府中を
抜けて上州の高崎方面に続いていた。府中の手前にある小野路の宿
は鎌倉時代にできたと考えられる。
 駿河の久能山に埋葬した徳川家康の遺骨を江戸時代の初期元和三
年(一六一七)三月に日光東照宮に移したときの街道の整備ととも
に小野路の一里塚は造られた。
 伝承によると御尊櫃を乗せた輿が向坂を下ったときに壊れ、一行
が難渋し鍛冶屋を呼んで修理した。このときの小野路村の労苦に対
して、幕府は以後助郷を免除した。
 この街道は御尊櫃御成道、また矢倉沢往還として利用され、東海
道平塚宿と甲州道府中宿を結ぶ脇往還として賑わった。江戸中期に
盛んになった大山詣での道として小野路の宿は賑わい、幕末ごろ、
旅籠が六軒あった。東海道の一里塚は五間四方あったというが小野
路の一里塚は一回り小さかった。榎の木が植えられており、ここで
旅人は一服つけたのではなかろうか。町田市では他に木曽の一里塚
が残っているが、多摩市貝取にあった塚は現在残っていない。

一九九一・四・一
小島政孝稿

以上、案内板より。

小野路の一里塚03


小野路の一里塚04


小野路の一里塚05
おおやまみち

小野路の一里塚06


小野路の一里塚07
写真奥・厚木方面、手前・府中方面へ向かうおおやまみち

小野路の一里塚08
至 府中

小野路の一里塚09
写真奥・府中方面、手前・厚木方面へ向かうおおやまみち

小野路の一里塚09
至 厚木

大山道(おおやまみち)は、昔の面影を残す細い道です。
自動車1台がやっとの道幅で、現代人にとっては不便と
感じますが、当時はこれで十分だったのでしょうね。

06年8月15日
東京都町田市小野路町 にて



>>>その他の都下の史跡

にほんブログ村 歴史ブログへ

使用カメラ:PENTAX Optio S50
スポンサーサイト

【ホットペッパー ビューティー】人気のヘアサロン検索
>>>> 『八王子』 から探す
>>>> 『日野』 から探す
>>>> 『町田・玉川学園前・鶴川・成瀬』 から探す
>>>> 『橋本・相模原・淵野辺・古淵』 から探す

Powered by . / Template by sukechan.
ピンキーリングに願いを込めて 蹄鉄・馬蹄(ホースシュー)モチーフのネックレスで幸運を